あまちゃん、元気を出して、時代の巻

あまちゃん

サツ「はい、第22回です」

バツ「うう、ううう」

サツ「泣いてるの?」

 

バツ「ううう、うううう」

サツ「何?何?「あまちゃん」が感動的だったって?」

バツ「うううう、ううううう」

サツ「今日のあまちゃん薬師丸ひろ子、最高だって?」

バツ「ううううう、うううううう」

サツ「小泉今日子の歌声もいいけど、やっぱり、薬師丸ひろ子、最高!だって?」

バツ「うううううう、ううううううう」

サツ「うん、たしかに、今日のあまちゃんの薬師丸さんの歌声、沁みまくったよね」

バツ「ううううううう、うううううううう」

サツ「ホント、最近のあまちゃんは、大円団に向けて、突き進んでいて、毎日毎日、涙腺を刺激されまくっているけど、特に今日はスゴかったね。正直言うと、朝にtwitterのTLを見ていて、今日は薬師丸さんが唄うということはわかっていたわけだけど、夜、家に帰ってきて録画していたドラマを実際に観たら、思わず涙が出て来たよね。話の流れはわかっていたのに、なぜか自然と涙が流れてしまったなー」

バツ「うううううううう、ううううううううう」

「元気を出して」薬師丸ひろ子

サツ「さあ、いい加減、泣いてないで、「元気を出して」」


元気を出して 薬師丸ひろ子 - YouTube

バツ「ううううううううう、うううううううううう」

サツ「この曲は、竹内まりやさん作詞・作曲の名曲。最近は本人の歌唱の方が有名だけど、オリジナルは薬師丸さんのこちら。薬師丸さんの1984年のファースト・アルバム『古今集』の1曲で、シングルカットは、されていないのよね。1987年に竹内さんがセルフカバーしてるね」

バツ「うううううううううう、ううううううううううう」

「時代」薬師丸ひろ子

サツ「もう、なんかずっと泣いてばかりで、「もう二度と笑顔にはなれそうもないけど〜」ということで、こちらを」


『時代』 薬師丸ひろ子 - YouTube

バツ「ううううううううううう、うううううううううううう」

サツ「中島みゆきさんの1975年の名曲「時代」の薬師丸さんによるカバー。リリースは1988年。中島さんのオリジナルも、もちろん素晴らしいんだけど、薬師丸さんの澄み渡った声で唄われるこの曲は、もうたまらなく沁みるよね。なんか、今日は倒れても、生まれ変わって歩き出せる気がする素晴らしい曲」

バツ「うううううううううううう、ううううううううううううう」

サツ「泣きっぱなしで、もう引っ込みがつかなくなってるね。今回は、このまま押し切る感じで宜しいか」

バツ「ううううう、ううううう(悲しいけど、ホントのこと)!