神保町 BILBIの巻(「ぼくらがデブになる理由」その2)

神保町 BILBI

サツ「はい、第25回です」

バツ「今回は神保町にあるBILBIをご紹介。先日、ランチに行ってきました。場所は、神保町の名店ビストロ・アリゴの隣。夜はスペインバルみたいなんですが、昼のメニューは日替わりの定食とカレー。ぼくはカレーをチョイス」

 

http://instagram.com/p/fCTNIpo7DO/Instagram

 

サツ「出た!またカレー。そのチョイスがぼくらがデブになる理由!」
バツ「いやー、日替わり定食の小鉢の中にエビマヨものが入ってたんで止めたんです。マヨネーズ苦手なんで。マヨネーズ苦手なんで。マヨネーズ苦手なんで」
サツ「体型的にマヨネーズ好きそうだって言われるのにね」
バツ「はっきり言って心外です!で、カレーは豚バラとタマネギが入った甘口のカレー。カレーはタマネギの甘みとかが味わい深くてスゴく美味しいです。サラダと小鉢(大根の漬物)が付いてます。食後にコーヒーも付いて850円」

 

http://instagram.com/p/fCSwIjo7Cv/Instagram

 

サツ「その値段で、コーヒーまで付いてるのはありがたいね。ネットで見たら、カレーは101時間煮込んでるらしいじゃない?」
バツ「そうっぽいですね。とりあえず、まろやかで、また食べたくなる味わいです。刺激を求める方には物足りないかもしれないですけど」
サツ「なるほどねー」
バツ「あと店員さんが女性2人なんですが、どちらも非常に感じの良い方で癒されましたね」
サツ「あー、1人寂しくランチを食べるオッサンが勝手に癒されるというありがちな構図!」
バツ「音楽はサバービア系のものが掛かっていて、甘からず、辛からず、ちょうど良い感じです」
サツ「あー、そのセリフって、そういう使い方もするんだ?」
バツ「あと、あまちゃんで話題の「まめぶ」もあるらしいので、是非、夜に来て食べてみたいと思います」
サツ「一緒に行ってくれる人居るの?」
バツ「居ません!妻にも断られます!」
サツ「悲しいけど、ホントのこと!」